カタルーニャの朝日

いのちとわつづく

 

WATARU

もう何年も前から、私はWataruが辿るアートの足跡を、非常に興味を持って、そして尊敬の念を抱いて見つめ続けている。活発で死に絶えることのない創造力は、陶器、絵画、版画など多岐にわたる手段を用いてすべての対象に対して向けられている。Wataruはいつも生きるということを表現し、そして、自らを表現していくことを使命と感じている。
 
Wataruは類い稀な直感の持ち主である。われわれのイマジネーションを掻き立てずにはいられない。Wataruは光り輝く人物である。生まれ育った日本の文化を決してないがしろにすることはなく、われわれの懐の奥深くに入り込むことができる驚くほどの親しみを示すすべを知っている。われわれの中にある存在は変遷の絶え間ない運動を続けていると、Wataruは考えている。
 
皆さんがこの作品を見て深く感じることができますように。
 

2016.09 カルレス・ドゥアルテ

 

 
Wataruは素晴らしいアーティストだ。カタルーニャの友であるし素晴らしい想像力を持っている。創造力の光と寛容性の能力も有している。自らのアートを通してすべての色彩と力と強さによってその時に必要で適した行動により根本的な人間の条件を表現する。
 
その素晴らしさはWataruが宇宙と星と深いつながりを持っていることを知るものにはわかる。Wataruアートによって、我々がどういう者か、そして、我々の中心となる感情がどこから来ているのかを、より良く知る大きな機会を与えてくれる。
 
そして、それに加えて、Wataruを介することにより、人生と世界への理解に決定的な影響を与えてくれた日本との友好関係を築くことができる。
 

2019.02 カルレス・ドゥアルテ

WATARUへのQ&A

Q1 アートを始めたキッカケは何ですか?

生きる為。

スポーツやビジネスに没頭し、アートには全く無縁の人生でしたが、マーケティングの仕事をしている時に、突然パワーが全身に入り、そのパワーをアートとして表現しないと死んでしまうと思い、生きる為にアートをはじめました。

Q2 なぜ、カタルーニャなのですか?

宇宙からのエネルギーが入りやすいところだからです。

地球を体に例えると、カタルーニャは「へそ」で、日本は「丹田」だと思っています。「へそ」であるカタルーニャは、パワーが溢れる場所だからです。

Q3 アートとはなんですか?

生きる事。

アートとは、コミュニケーションとクリエーションだと思います。コミュニケーションとクリエーションをしている時、全身が喜び、生きている、生かされている事を実感しています。

Q4 VIDAとはなんですか?

ハートが生命体、星が星命体を表しており、それらがあわさって、VIDA(いのち)になるんだと思います。

Q5 VIDA ETERNAとはなんですか?

「てん」「じくう」「いのち」があわさって、ひとつになったとき、VIDAETERNA(いのちとわつづく)になるんだと思います。

Q6 ひとつになるとどうなるのですか?

あわさって、かさなって、とけて、ひとつになった、そのときに、「てん」「じくう」「いのち」の循環そのものになります。