カタルーニャの朝日

マハロ20190530

自然豊かな そして 地球のマグマが噴出している ハワイ島に2017年夏に 家族で 旅しました
朝 起きて 朝陽を浴び、イルカと海で泳ぎ ココナッツを飲み 砂浜を素足で歩き 
コテージに戻ると ウクレレがおいてあるのを みつけました 
娘がウクレレを奏で 二人で歌って遊んでいた時に 自然にでてきた言葉が、マハロの詩のもとになり、
その後 詩 マスコット 絵 が うまれ それらをデジタルで融合していき マハロのもとが産声を
あげ 形になっていきました
時間がたち、2019年はじめ こころのおくに強烈な衝撃がはしり いま 描かなくてはと、かんじたとき
からだが勝手に動き出し シグナルという 宇宙からの信号のようなものがうまれ それまでのマハロに
組み合わせ することにより マハロが 完成 しました
地球 太陽 星 海 クジラ 人 ココナッツ が めぐり つながっていること
宇宙の流れの中にすべてがあること
その流れの中で 生き 生かされ ているんだと 
そして 生かしていくんだと おくそこから つきあげられるような ちからがわきあがってくるのを
感じました
マハロのマスコット てんさん くうちゃんが 海を宇宙を 自由に泳ぎ 輝く未来へ 飛んでいくことを
願っております

 

WATARU

 

Wataruさんがハワイでたくさんの魂を感じ、生まれたマハロ。
何が欠けても「いま」は存在しない。
大きな大きな流れの中で「いま」生きている事に気付かせてくれます。
詩は音符のようでもあり、背景は、地球、星、宇宙のようにも見えます。
その中をきもちよさそうに泳いでいる てんさん くうちゃん。
 
原画アートとシグナルをデジタルに変換し、
色や大きさを変える事により表現が無限にひろがりました。
 
マハロはきっと、これから乗り物や食べ物、音楽、絵本など、
自由に変化しながら広がっていくと思います。
多くの人に出会い、多くの人にマハロが届くよう願っています。
マハロ。

 

maki

 

マハロ20190530_完成-18マハロ20190530_完成-8マハロ20190530_完成-11マハロ20190530_完成-16

 

マハロ Q&A

Q1 2匹のいきものはなんですか?お名前はありますか?

クジラのような イルカのような ・・・
海の中を自由に泳ぎ、宇宙の中もどこまでも泳ぎつづけていく マスコットです
大きいほうが てんさん 小さいほうが くうちゃん です

Q2 なぜ てんさん くうちゃんなのですか?

クジラとかイルカは 宇宙と交流しながら生きているのだと思います
海でイルカと泳いだ時、宇宙の流れの中で生きている心地よさを伝えてくれた感じがしました
ハワイ島での様々な体験の中から てんさん くうちゃん が 自然にうまれてきたのだとおもいます

Q3 デジタルで制作されたのはなぜですか?

アートの原画 詩を デジタルを用いることにより いままでの限界を超えることができると
思ったからです

Q4 海や山、星のこと、たくさんのことが描かれていますがなぜですか?

海で泳いだり、地球の上を歩いたり、マグマが溢れてくる地球の中を感じたり、山に登り、鳥を見て、さらに見上げると星空があり
地球と宇宙の境目がないんだなと体感した後に自然にうまれた 詩 だからです

Q5 朝陽から星まで1日の流れを感じますがなぜですか?

ハワイ島で 朝起きて 朝陽を浴び 体を動かし 眠り 遊んでるうちに でてきた 言葉
だからです そのまま ですね!

Q6 なぜ「ちきゅう」「ほし」「うみ」にマハロなのですか?

熱い砂浜を歩いたり、マグマの噴出する音を聞いたり見たりして地球のパワーを感じました
空を埋め尽くすようなたくさんの星を見たり、ギンギンの太陽の陽を浴びて星のパワーを感じました
しょっぱい海の水を飲み込んだり、イルカと泳いだ時に海のパワーを感じました
パワーがめぐっているから、ここに生きていることができると感じた瞬間に、自然にマハロという言葉があふれました

Q7 なぜパパイヤやココナッツなどの食べ物や、星、マグマなど色んなものがでてくるのですか?

パパイヤもココナッツも太陽、そしてハワイ島の土地がなければ育たないのだと思います
星、地球、マグマ、何が無くてもパパイヤもココナッツも食べたり飲んだりできなかったんだな~と、すべてがめぐり、つながっているんですね
マハロ

 

マハロ20190530_完成-5