カタルーニャの朝日

あいゆめわ通信

ARIGATO合宿 R01 in AMATSU 「みらい うまれる」

2019.07.25
 
190612-202253-S

 
2019年6月12日、ARIGATO合宿が鴨川市天津に鎮座する
天津神明宮の神域で行われ、
地元の名人が捕獲したイノシシ肉や、地元の名人が育てた野菜、
地元の名人がつくったミソ、そして、地元の名人が醸した日本酒、
カタルーニャの特別なワインなどをバーベキューで堪能した後、
いよいよマハロを上映しました。
 
屋外に設置されたスクリーンにプロジェクターで映し出されたマハロ。
最初は音をつけず、次に音をつけて、何回も上映しました。
続いて、スクリーンも外し、建物に投影したり、近くの木々に投影したり
マハロはどんどん変化していきます。
 
バーベキューでイノシシ肉を食べて目覚めた、
5歳の気吹(いぶき)がマハロでついに弾けました。
一緒にマハロの歌を歌っていたと思いきや、
自分にマハロが投影されると、
最後は自分でプロジェクターを手にし、
映像技師さながらのセンスで、いろいろなところにマハロを投影していきます。
おかげであたりはマハロでいっぱいになりました。
 
ARIGATO合宿を行ったところは、
かつて縄文時代にも人々が暮らしを営んでいた遺跡の上にあります。
 
はるかむかしから時空を超えて、縄文の人々もきっと楽しんでいたであろう
マハロのひかり、ひびきがよみがえってきました。
 
この日の主役となった気吹(いぶき)は、
その日以来まるで別人のように活発になり、
通っている幼稚園の先生も驚くほどでした。
集まったメンバーで一番幼く、純粋な気吹(いぶき)が
真っ先に感じ取り、変わったのかもしれません。
 
ありがとう、マハロ。
 

岡野大和

 

WATARUのTOUTOKU展

2019.05.26
 

アーティストWATARUは、1999年1月から、突然手が動き出し、毎日アートをするようになりました。
2000年からスペイン・カタルーニャと日本で創作活動を続けております。

TOUTOKU 問う 答 解く 得 尊く

てん  じくう  いのち  てんでん  じゅんかん  うむ
の6つで構成されて、各6枚ずつ、計36枚の TOUTOKUアート・シリーズです。

2019年5月29日(水)~展示しています。
10:00~18:00 6月1日(土)オープンしています。

 

2019年2月5日 チャビ&グロリア夫妻来日歓迎会を開催しました

2019.02.18
 

この度、バルセロナ・マーリャから、チャビ&グロリア夫妻と友人のヌーリア ルイス夫妻が初めて来日しました。

ドキュメンタリー映画「あいゆめわ」に、エルプラベル(アートの森)、エルプラシック(宿泊施設)の代表として登場しています。

2月5日は旧元旦で、日本の文化の紹介と歓迎のムービーを上映して、お持て成しの歓迎会がWataruアートサロンで行われました。

房州伊勢の宮・天津神明宮の禰宜さんが正装で参加、旧元旦の儀式で会が始まり、ご神酒で乾杯しました。

おせち料理をお重箱にご用意して、意味と由来を一品ずつ説明し、味わって頂きました。

140余年続く伝統の武州正藍染の説明があり、羽生でWATARUが藍染織物アートしたものから、10mにもおよぶ巻物アートの紹介がありました。

初めての日本を楽しんで頂けるようにと企画をして、「食」「場」「時」をお互いに共有でき、心がひびきあい、カタルーニャと日本が繋がって、深い交流ができました。

今度はカタルーニャでお会いしましょう! と固く約束しました。

 

“新年会&WATARUの墨アート展”クロージングパーティー

2019.02.02
 

“新年会&WATARUの墨アート展”クロージングパーティーが開催されました。

2019年1月23日(木)12月21日からスタートした「WATARUの墨アート展」のクロージングパーティーが新年会をかねて開催されました。

開催期間中に新しいアート、「丸いキャンバスの墨アートが3点、掛け軸の墨アートが1点、小さなキャンバスの “とわ かかやく” が完成し、また新しいアートがうまれました。

そして、”Wataru”パンフレットが出来上がり、発表して皆様に配布しました。

このパンフレットは、Wataruが自らデザイン・編集に係わり、2016年から2018年のアート活動を中心にご紹介しています。

2019年は、大・大変化の年、「ホップ・ステップ・ジャンプ」で、取り組んでいきましょう。

 

“WATARUの墨アート展”オープニングパーティーが開催されました。

2018.12.29
 

2018年12月20日(木)江東区住吉のWATARUアートサロンにて、第2回企画展「WATARUの墨アート展」オープニングパーティーに、定員を大幅にオーバーし、38名の方にご出席いただき、熱気につつまれ、大いに盛り上がりました。
アーティストWATARUは創作活動を続け、絵・ガラス・陶器・布など、これらの多岐にわたった、アートを分類・整理したなかで、今回は墨アートに絞って、展示いたします。
表情豊かで、奥深い墨の「黒」と「色(光)」の融合。
スペインと日本での体験・活動を通じて、うまれたWATARUの墨アートの世界へ。
2018年12月21日から2019年1月23日まで開催しています。
 

 

WATARUの墨アート展

2018.11.30
 

WATARUの墨アート展ハガキ
 
アーティストWATARUは、1999年1月から、突然手が動き出し、毎日アートをするようになりました。
2000年からスペイン・カタルーニャと日本で創作活動を続けております。

絵・ガラス・陶器・布など、これらの多岐にわたった、アートを分類・整理したなかで、
今回は、墨アートに絞って、みていただけるように展示いたします。

表情豊かで、奥深い墨の「黒」と「色(光)」の融合
スペインと日本での体験・活動を通じて、うまれたWATARUの墨アートの世界へようこそ。

WATARU ART SALON

 

 

“カタルーニャのwataruアートをかたる展”

2018.10.15
 

2018年9月20日(木)から10月5日(金)まで、江東区住吉のWATARUアートサロンにて、開催されました。

 

“カタルーニャのwataruアートをかたる展”オープニングパーティーが開催されました

2018.09.20
 

2018年9月20日(木)、江東区住吉のWATARUアートサロンにて、第1回企画展、「カタルーニャのwataruアートをかたる展」のオープニングパーティーに33名の方がお越しいただきました。
今回初めて、カタルーニャ・アートを集大成して発表しました。WATARUさんから、なんと素材は20以上もあるとの説明がありました。そして、膨大なアートを編集、制作して映像でみていただけるようにしました。
この映像とアートの組合せで、大きな美術館でなくても開催ができ、また移動も可能なので簡単に他のスペースでも開催ができる試みの場となっています。
いよいよ、ここから発信して新しいものを「うむ」ことをしていきます。
期間限定で9月21日から10月5日まで、一般の方にも公開しておりますので、この機会に是非いらしてください。
 

 

カタルーニャのWATARUアートをかたる展 スピーチ

2018.09.20
 

2018年9月20日(木)に開催された「カタルーニャのwataruアートをかたる展」のオープニングパーティーでのスピーチの音声です。
 
溝畑さん

 
NoBUさん

 
WATARUさん / 岡野さん

 
そやまさん

 

カタルーニャのWATARUアートをかたる展

2018.09.06
 

wataru salon1
 
アーティストWATARUは、2000年春からスペインのカタルーニャ各地を訪れ、
自然に触れ合い、人々と出会い、様様なアートを生み出してきました。

絵・ガラス・陶器など、最近では、ピラミッド・壁画アートの制作を完成しました。
これらの多岐にわたった、アートを分類・整理して、
どうして生まれたのか、このアートの役割などについて、展示作品・動画、そしてWATARU本人より語りたいと思います。

WATARU ART SALON

 

 

「あいゆめわ 出会いのアート ドキュメンタリー映画 報告会と方針発表会に参加して」 溝畑雄二

2018.09.05
 

 原稿依頼を頂いたのはかれこれ2カ月近く前だった。
 なんで私に? というのが率直な感想で、アートとかよくわからないし、WATARUさんを理解する人は、ほかにも適任者はたくさんいるはずで、何を書いてよいのやら困ったもんだと思っていたところ、いよいよ〆切も迫ってきた。
切羽詰まって事務局の百瀬さんに相談したら、「まあ、なんでもいいですから」と、いかにも彼女の居住まい佇まいそのまんまのご返事であった。しかし、これで肩の荷がすっと下りた。
 
 ドキュメンタリー映画を観るのは、これで3度目であった。
1度目は2年前の渋谷での試写会。2度目は昨年2月に私の勤め先で主催した上映会。そして3度目が去る7月の報告会と方針発表会での上映であった。
 1度目に最も残った印象は、WATARUさんが突然に涙し震え声で独白するシーンだった。これは衝撃であった。
2度目の印象は洞窟で宇宙を語るシーン。宇宙は無限なのに果てがあるといわれる矛盾や、宇宙は鏡のようで、実はもう一人の自分がいるのではないかと思いめぐらした子供の頃の私が今でもいるせいか、WATARUさんが宇宙を語るとワクワクしてしまうのだ。
そして3度目の印象は映像の中ではなく、あの7月20日に会場に入った時から会場を去るまでの、WATARUさんをはじめとするすべての参加者と共有した時間そのものであった。
 
 今年で60代も半ばを超え、今後は生活的収入手段を除いて、今ある諸関係からぼちぼちお暇しようかと思っていた。現在の状況をもっと高めたり、新しい何かを期待したりする欲をもつことなく、穏やかに閉じていこうと思っていた。
しかし、7月20日に集った人たちから受けた印象は、「その場を楽しんでいる」ということだった。とりわけ上映後に前に立って話をされた方々は、私を大いに触発させてくれた。
 関西学院大学の井垣さんのスピーチは、お話の内容もさることながら、その論理的で機知に富んだ思考展開に、決して大げさでなく感激した。実は私はこのような方が大好きなのだ。
そして、前掛けを世界に広めている、エニシングの西村さん。140余年続く、藍染の会社で、世界的ブランドとコーディネイトされる小島染色工業の小島さん。そのひたむきでポジティブな姿勢に嬉しくなってしまった。
 
私は思った。
「まだ閉じなくったっていいんだよ。」
ここに居る全員が、無言のうちに私に語り掛けている、と思った。
欲をもっていいらしい。それは、これからの人生をより良くする欲だ。楽しんで生きる欲だ。閉じるにはまだ早いらしいぞ。
これだけで、報告会&方針発表会に参加した意義は充分であった。
 
WATARUさん、大濱さん、梶さん、酒井さん、百瀬さん、そして、この日に集ったすべての皆さんに感謝します。ありがとう。
それにしても、カタルーニャのワインは美味しかった。
 「あい ゆめ わ」に 乾杯。
 

溝畑雄二

 

「あいゆめわ 出会いのアート ドキュメンタリー映画報告会と今後の方針発表 に参加して」 NoBU

2018.09.02
 

2018年7月20日、すばらしい画質と音響の「あいゆめわ」上映がはじまると、一瞬にして、そこはもはや東京・青山ではなくて、スペイン・カタルーニャだった。
 

カタルーニャの風、吹きWATARU

 
そして、映画の中では、カタルーニャでWATARUの風がさわそよと吹きわたった確かな証拠が次々と提示されていく。そう、そして、そこで、わたしたち参加者全員が、カタルーニャの風と、WATARUの風の両方を浴び続けたのだ。上映後、今後の方針発表がなされる予定であったが、実はその必要もなく、わたしたち参加者全員の「方針」は、それらの風によって、清められ、求められ、示され、そして、定められていった。「方針」という漢字をよくみると、うまくできている。ある方角を針が指し示している感じがする。まさしく、あのとき吹いていた風によって、わたしたちの針が3次元では説明のつかないある方角へきちんと揃い向いた!と思う。
 

イヤ、タシカニ、ソロイムイタ。

 
上映後、WATARU作品の写真もプロジェクターが次々と映し出した。その最後の一枚が、WATARU最新の作品。建物の柱たちに、
「ハート」と「星」が描かれている。WATARUが言った。
1998年12月のある日、僕の手が勝手に動いて絵を描いたとき、そこに描かれたのは、「ハート」と「星」だった。この僕の最新作品も、偶然、「ハート」と「星」だね。今、みんなと一緒にこの写真をみて、初めてそれに気がついたよ!ひょっとしたら、僕は、今、原点に戻ってきているのかもしれない。原点と言っても、前よりも次元の上がっている原点だと思うけれど。そして、今日のこの会は、その新しい原点からの再スタートを祝う会なのかもしれない。それにしても、なぜ、「ハート」と「星」なんだろうね?
この会のシメの一言を、と突然おまけで要望されて、わたしは、WATARUの「ハート」と「星」について、わたしなりの解釈を述べさせていただいた。「ハート」はわたしたち一人ひとりが内に持っている魂(タマシイ)を表し、「星」は宇宙を表していて、その二つは同じものだということをWATARUは表現しているのではないか?!と。
 

そうだったのか!とWATARUがつぶやいた。

 
大学で数学や意思決定科学などを教えているわたしは、最近、学生たちの視野が非常に狭くなっていることを危惧している。たとえば、あるプロジェクトの目的を決め、それを実現させるための戦略を立て、その戦略を実行するための戦術を考えさせる。すると彼らはもう、熱心にインターネットで情報を集め、世界中の情報にアクセスできているような高揚感に身を焦がし、戦術の実行に喜々として身を捧げてしまうあまり、戦略も目的も、ふっとんでしまうのだ。ひょっとしてこの視野の狭さは、携帯電話の小さな画面に向き合う時間が長いせいではないだろうか?
 

あれっ?これって、一体なんのためにやっているんだっけ?

 
人生もひとつのプロジェクト。目先の利益や心配に気を取られていないかな?自分の命の時間の使い道、これでいいんだっけ?これが自分のやりたいことかな?と立ち止まることが大切だ。そして、ちょっと引いて見てみたい。視野を広くして、全体を眺めたい。断片だけでなく、全体を、大風呂敷に描いた絵画のように眺めたい。
 

鳥のように、風のように

 
そう、また風だ。カタルーニャの風も、WATARUの風も、そういうことだったのかな。
さあて、ここで、わたしには「ゆめ」ができた。WATARUの大風呂敷アートがみてみたいのだ。この大風呂敷(布)はすべての組織の、すべてのプロジェクトで使うことができる。もちろん、自分の人生設計にも使える。
おおきな風呂敷の真ん中には、「ハート」の中に「星」が、あるいは、「星」の中に「ハート」が描かれているかもしれない。そこに、ユーザは、Goal(目的)を書く。その下には、自分の選んだ戦略を書く欄もある。その下に、戦術を書く欄もある。それらの周囲には、自社についても、他社やその他の環境状況についても、書く欄があるだろう。それらの場所に、WATARUは、どんな絵を描くだろうか?顔もあるだろうし、太陽もあるかもしれない。
ユーザたちは、それらのWATARUアートに励まされながら、プロジェクトの目的をぶらさずに活動するだろう。自分たちが今、このプロジェクト全体の絵の中のどこをやっているのか?そして、すべては、この真ん中に書かれたGoalを達成するためなのだと、いつも認識できるように、この布が仕事部屋に架けておかれることだろう。
 

視野をひろげるためのWATARU大風呂敷アート

 
視野が狭いと、戦術が戦略とつながらない。目的とも離れる。パワフルである必要はなく、弱くてもきちんとすべてがつながったときに、そこに命がやどり、躍動しはじめる。
強引な大量生産時代はおわり、弱くても優しく楽しい時代がやってくる。きちんと、つがなることが大切だ。Goal(目的)の先は宇宙につながり、その足もとは自分のタマシイにつながっているのか?戦術や戦略はいくら変更してもかまわない。絶対にぶれないGoal(目的)を持っているかどうか、それが大事だ。すべての自分の行動は、そこに「ツナガッテイルカ?」自分の生活は、そこに「ツナガッテイルカ?」宇宙とつながれば、みんなともツナガルのだ。
1998年、WATARUのタマシイと宇宙がつながった。そして、その20年後の今、わたしたちの針もその方角へ向いた。
 

あいゆめWATARU

 

NoBU

 

あい ゆめ わ ドキュメンタリー映画 報告会と今後の方針発表会

2018.07.29
 

2018年7月20日(金)、17:30よりエスタ青山 ココデシカにて「あいゆめわ ドキュメンタリー映画 報告会と今後の方針発表会」が35名の参加者を迎え開催されました。
実行委員会代表の大濱の挨拶につづき、ドキュメンタリー映画が上映され、上映後には同じ場所でパーティがスタート!
2000年のビンテージ特別輸入ワインで乾杯、そしてピンチョスや目の前でカットされた生ハムを堪能しました。
パーティの中で、実行委員会副代表の梶よりこの2年間の活動報告、WATARUさんからはこれまでの軌跡や今後の展開等についてお話があり、それを聞くみなさまのワクワクした表情が印象的でした。
この映画プロジェクトはいったん区切りを迎えましたが、WATARUさんの、そしてみなさまそれぞれの「あいゆめわの旅」はつづきます。

 

ピラミッド完成披露パーティを開催しました

2018.01.24
 

2018年1月18日(木)、江東区住吉のWATARUアートサロンにてピラミッド完成披露パーティを開催。延べ90名ちかくのお客様にご参加いただきました。
内容はピラミッド“Pirami-de-Malla”の動画上映やWATARUさんのお話、Q&A等もりだくさんで楽しいお披露目に。
また昨年の「あいゆめわをめぐる旅」の写真スライドショーを見ながらワインを飲み、参加者同士交流を深めました。

 

“Pirami-de-Malla” 完成記念ハガキが完成!

2018.01.24
 

2018年1月17日(水)、“Pirami-de-Malla” 完成記念ハガキが完成。ピラミッドの写真とWATARUさんのことばが日本語とカタルーニャ語で記されています。
1月18日のピラミッド完成披露パーティで参加者の皆様にお配りしました。
記念絵葉書1 (2)記念絵葉書2 (2)

 

2017.11.23 ドキュメンタリー映写会と講演会(CIC ELISAVA)

2018.01.16
 

バルセロナ市内にあるデザイナー養成専門学校 CIC ELISAVAでWATARUさんのドキュメンタリー「あいゆめわ」の一部上映とWATARUさんの講演会がありました。
授業の一環として上級生50人ほどと教員の皆様が集合。学校法人の会長で我々の友人でもあるカルレス•ドゥアルテも出席。最後はみんなと記念撮影。「全部見たかった」という人もいてくれました。
写真 2017-11-23 9 20 19写真 2017-11-23 10 28 49

 

講演会「WATARUが語る カタルーニャの奇跡」(関西学院大学・神戸三田キャンパス)

2017.10.22
 

2017年10月17日(火)16:50より関西学院大学・神戸三田キャンパスにて、あいゆめわドキュメンタリー映画の一部上映とWATARUさんの講演会が行われました。これは関西学院大学の井垣 伸子教授とのご縁により実現した企画です。
映画はペップさんとの交流シーンまで上映、その後WATARUさんの講演に。
ご自身がマーケティングのプロからアーティストになるまでの軌跡、そしてカタルーニャとそこにいる人々との運命的な出会い等を語りました。
最後は学生からの質問に対し、WATARUさんが図を描きながら「夢中になってやることの大切さ」を伝えて講演会が終了。
終わったあとにWATARUさんと直接話したい学生が大勢まわりに集まっていた光景がとても印象的でした。
その後、和食レストラン「仁木家」に場所を移し懇親会を開催。関西、関東、四国から集まった12名が素晴らしい場で出会い、あらたな展開のはじまりを感じさせる夜になりました。

 

「あい ゆめ わ」上映会(渋谷アップリンク)

2017.03.01
 

2017年2月23日(木)15時30分より、渋谷アップリンクにて「あい ゆめ わ」上映会を開催しました。
上映後、あい ゆめ わ制作実行委員会副代表の梶の司会によりWATARUさんのミニ講演会が行われ、山田監督や大濱(制作実行委員会代表)からは挨拶がありました。
その後ちかくの「居酒屋てっぺん」に場所を移し二部を開催。この二部は「世界一のアートマーケティング キックオフの集い」と題され、WATARUさんの日本におけるアートマーケティングの始まりを告げる記念すべき会となりました。

 

新しいチラシが完成!

2017.03.01
 

2017年2月20日、あい ゆめ わ ドキュメンタリー映画の新しいチラシが完成しました。
B5サイズの大きさに、「うむ ちから」という言葉が心に迫る印象的なデザインです。
2月23日の上映会でお配りしました。
新チラシ1新チラシ2新チラシ3

 

「あい ゆめ わ」上映会(文京シビックセンター)

2017.02.18
 

2017年2月8日(水)、13時30分より文京シビックセンター(文京区)にて「あいゆめわ」の上映会を開催しました。
今回は一般社団法人・富坂産業協会様の主催で、企業の労務・総務等に携わる方を中心に35名が参加。
上映後はWATARUさんによるミニ講演、そして希望者参加のミニセミナー「世界一のマーケティング・文京編」と続き、内容盛りだくさんで刺激あふれる会となりました。
文京1 (2)文京5 (2)文京2 (2)文京6 (2)文京4 (2)

 

あい ゆめ わ新年会を開催しました!

2017.02.03
 

2017年1月20日(金)、江東区住吉の「ふくのわ」にて「あいゆめわ新年会」を開催、50名ちかくのお客様にお越しいただきました。
スペイン・カタルーニャの家庭料理「パン・コン・トマテ」を食べながら、そしてスペインのスパークリングワイン(カバ)や赤ワインを飲みながら、皆様和気あいあいと交流。
途中WATARUさんのお話等もあり、映画をご覧になった方も、これからの方も、スペインの魅力を存分に感じられる会になりました。

 

2016.11.29ドキュメンタリー「あいゆめわ」上映 ― アウグストゥス・フォルム

2017.01.16
 

アウグストゥス上映会1アウグストゥス上映会2
ドキュメンタリー「あいゆめわ」の上映は当初予定していた場所がパウ・カザルス博物館から「アウグストゥス・フォルム」のイベントルームに変更。上映後はテラ・イ・タウラ有志の皆さんのタパスとワインをいただきながら感想を述べあいました。

 

「あいゆめわ」上映 + 展覧会「TEN」

2016.11.18
 

2016年11月18日午後6時からL’ESPLUGA DE FRANCOLÍにある田舎博物館でWATARUさんのドキュメンタリー「あいゆめわ」の上映会と展覧会「TEN」のオープニングが開かれました。映像の中でPEP SALAが歌うヒット曲に合わせて多くの人が口ずさんでいたのが印象的でした。WATARUさんのイベントに駆けつけてくれる方々中心に20名を超える規模の会となりました。映写が終わると暖かい拍手が自然に起こっていました。
 

 

❝あい ゆめ わ❞上映会を開催しました!

2016.09.30
 

2016年9月28日(水)15時30分より、渋谷アップリンクにて❝あい ゆめ わ❞上映会を開催。
上映後、あい ゆめ わ 制作実行委員会副代表の梶の司会によるWATARUミニ講演会、そして山田監督の挨拶がありました。
その後パーティは予定されていませんでしたが、自然と多くの方が隣接のレストランに流れ、いつの間にか懇親の場になっていました。

 

あい ゆめ わ ドキュメンタリー映画のパンフレットが完成しました!

2016.09.30
 

2016年9月26日「あい ゆめ わ ドキュメンタリー映画」パンフレットが完成。
サイズはA4変形8ページ(観音折)で、映画がよりわかりやすい内容になっています。
9月28日の上映会でお配りしました。
%e3%83%91%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%881 %e3%83%91%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%882

 

❝あい ゆめ わ❞完成披露試写会&パーティを開催しました!

2016.09.26
 

2016年6月7日(火)18時30分より、渋谷アップリンクにて❝あい ゆめ わ❞完成披露試写会とパーティを開催。
上映にさきがけ、あい ゆめ わ 制作実行委員会代表の大濱、山田監督、そしてWATARUより舞台挨拶がありました。
上映終了後のパーティは、見にきてくださった方々が飲んだり食べたりしながら楽しい交流の場に…。
大きな盛り上がりを見せるなか、記念すべき日を終えることができましたことを感謝申し上げます。

 

2016年9月26日 あい ゆめ わ ドキュメンタリー映画 オフィシャルウェブサイトオープン!

2016.09.26
 

screen %e3%82%b9%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%88%e5%86%99%e7%9c%9f
2016年9月26日「あい ゆめ わ ドキュメンタリー映画」 オフィシャルウェブサイト 日本語版・英語版・カタルーニャ語版、同時オープンしました。
英語版・カタルーニャ語版については今後充実させていく予定です。